車庫証明には有効期限あり!

車庫証明 有効期限

車庫証明に有効期限があるのはご存知ですか?

大阪府の申請書にはこう記載されています。

警察署において証明を受けた後、この用紙を運輸支局等に提出してください。

なお、証明の日からおおむね1ヶ月を経過した場合は、運輸支局等では受理されないことがありますので、注意してください。

つまり、車庫証明には1ヶ月の有効期限があるということです。

さて、1ヶ月の前に「おおむね」と記載されています。曖昧な表現ですよね。

受け取った日から1ヶ月(31日)たてば、急に車庫証明が使えなくなるわけではなさそうです。

 

有効期限ないかどうかの判断は提出先の運輸局

では実際の有効期限はいつなんだろう。

1ヶ月と1日?2日?どこまで使えるか気になりますね。

ちなみに、近畿運輸局では車庫証明の有効期限を40日以内のものとしています。

ですが、その支局である和歌山運輸支局では「40日間」ではなく「概ね1ヶ月」としています。

出典:近畿運輸局

車庫証明 有効期限

出典:和歌山運輸支局

やはり運輸局の担当者のさじ加減というか温情によるものなので、「1ヶ月過ぎたのでダメ」と言われればどうしようもありません。

この期限の判断は運輸局です。その為、警察署の窓口で聞いてもその車庫証明が有効かどうかの明確な回答は得られません。

親切にアドバイスはしてくれるでしょうが、警察署の窓口で聞いたことが、運輸局では通用しないということもあります。

期限をオーバーしてしまったが、大丈夫なのか判断がつかない場合には、事前に提出先の運輸支局に電話をして確認をしましょう。

大阪の場合は運輸支局が郊外の離れた場所にありますので、持って行ったはいいが窓口でダメですということになると、ものすごい時間の無駄となってしまいます。

車庫証明の有効期限はある程度融通が利く場合があるかもしれませんが、有効期限は1ヶ月だと思って動いた方がいいでしょう。

 

有効期限が過ぎてしまったらどうする?

これは運輸局ではもうどうにもできません。

再度、警察署へ行き1回目の申請と同様の手続きをしなくてはいけません。当然、発行まで数日かかりますし申請手数料や交付手数料も必要になります。

ただし警察署によっては、多少の融通をきかせてくれる事もあるようです。全てのケースで書類再作成が必要という訳ではなさそうです。

申請書以外の書類、使用承諾書地図については、再作成しなければいけない場合と1回目申請時の書類をそのまま流用してくれる場合、それぞれケースによって違います。

上記のように融通を効かせてもらえる場合もありますが、警察署、また窓口の担当者によって対応が違いますので、これで正解というものはありません。

再申請することになってしまうと、お金も時間も倍かかってしまいます。

なので、1ヶ月の期限はきちんと守るべきでしょう。

お気軽にお電話ください!