車庫証明の所在図を省略できる場合

普通自動車でも軽自動車でも車庫証明申請(届出)をする場合は、「所在図・配置図」が必要となります。

手書きで苦労して書いた方もいるのではないでしょうか。

この「所在図」一定の条件を満たせば省略することが出来ます。

 

 

普通自動車の場合

下記3つの要件をすべて満たすと所在図を省略することが出来ます。

  1. 自動車を買い替える場合で「自動車の本拠の位置」と「保管場所の位置」が旧自動車の時と変更がない
  2. 申請時点で旧自動車を保有している
  3. 申請書の「保管場所標章番号」欄に旧自動車の保管場所標章番号を記載する

 

軽自動車の場合

軽自動車の場合も下記の3つの要件をすべて満たすと省略することが出来ます。

  1. 軽自動車を買い替える場合で「自動車の本拠の位置」と「保管場所の位置」が旧自動車の時と変更がない
  2. 軽自動車の自動車保管場所届出(新規)の時点で、旧自動車を保有しているか、又は届出日の前15日以内に旧自動車を保有していた
  3. 自動車保管場所届出書の「保管場所標章番号」欄に旧自動車の保管場所標章番号を記載する

 

「使用の本拠の位置」が「保管場所の位置」と同じ場合

「使用場所の本拠の位置」とは個人の場合は居住している住所にあたります。法人の場合ですと、自動車を使用する本社や支店、営業所などのことです。

「保管場所の位置」とは、車庫(駐車場)の位置のことです。

つまり、個人の方を例にとると、住所と車庫が同じ場合は所在図を省略できるのです。

 

配置図は省略不可!

配置図は必ず作成し、警察署へ提出しなくてはいけません。

ご注意下さい。

 

保管場所標章番号の確認方法

旧自動車の後面ガラスか、車体の左側面に保管場所標章(ステッカー)が張られていませんか?

9桁の番号が記載されていると思います。その番号が保管場所標章番号となります。

また、旧自動車の入手時に保管場所標章通知書を受け取っているはずです。

おそらく車検証入れか、ダッシュボードに入っていると思うので確認してみてください。

 

省略できない場合もある

上記に該当する場合は、所在図を省略することが可能です。

ですが、自動車の保管場所の確保等に関する法律施行規則第1条3項の但し書きでは、

警察署長は、当該申請に係る場所の付近の目標となる地物及びその位置を知るために特に必要があると認めるときは、同号に掲げる書面の提出を求めることができる。

と規定されています。

つまり、要件が満たされていて所在図を省略しても、警察署が必要があると判断した場合には所在図の提出を求められることがあるということです。

所在図を省略する場合は、一度管轄の警察署へ確認したほうがよいでしょう。

現在は所在図はインターネットの地図を印刷したものでも構いません。

そんなに手間のかかることではないので、所在図も作成し提出したほうが無難かもしれません。

お気軽にお電話ください!