大阪府の自認書の書き方

自認書の書き方

車庫証明を申請する際、必要となる添付書類があります。

こちらの自認書は(正式には保管場所使用権原疎明書面)自分の土地を駐車場所にする場合に必要となってきます。

正確に言うと自分だけが所有している土地(申請人本人の名義)の場合、に使用する書類です。

(自宅の駐車場を保管場所として車庫証明申請する場合など)

親が所有の土地の場合や、賃貸の駐車場などの場合はこちらの書類ではなく、保管場所使用承諾証明書を使用します。


手書きの方はこちら(PDFバージョン)

パソコンで入力したい方はこちら(Excelバージョン)


※クリックで拡大します。

自認書の書き方自認書の記入方法

①証明申請or届出/土地・建物

普通車の場合は保管場所証明申請になりますので、「証明申請」に〇をつけてください。

土地・建物はどちらか当てはまる方(両方にあてはまる場合は両方)に〇をつけてください。

②管轄警察署

申請先の駐車場を管轄する警察署の名前を記入します。

市町村合併や区分けの変更などで、警察署の名前が変わっている事もありますのでお気を付け下さい。

警察署の名称がわからないときは記入せず、申請に行った時に確認し記入すれば間違いがありません。

③住所・氏名等

自認書を作成した日付け、郵便番号、住所、氏名、電話番号を記入し押印します。

押印する印鑑は実印である必要はありません。認印で構いません。

※建物や土地が共有の場合は、「自認書」の他に、他の共有者全員の使用承諾書等(1枚の用紙に連記可)を添付してください。

お気軽にお電話ください!