大阪府の所在図・配置図の書き方

大阪府の所在図・配置図の書き方

所在図はそれを見て誰もはその車の持ち主の自宅と駐車場へ行くことが出来るようにするための書類であり、配置図は車を置くスペースを道路からの出入りを確認するための書類です。

所在図・配置図はボールペン(消せるボールペンはダメです。)で記入するのですが、失敗などが心配でしたら鉛筆などで下書きしてから記入しましょう。


手書きの方はこちら(PDFバージョン)

パソコンで入力したい方はこちら(Excelバージョン)

記載例はこちら


※クリックで拡大します。 大阪府の所在図・配置図の書き方

所在図・配置図の記入方法

①所在図

別紙として、地図のコピーを添付することが出来ます。

その場合、所在図記載欄に「別紙地図のとおり」と記入します。

地図が書き終えましたら、自宅(使用の本拠の位置)と駐車場を丸で囲むなり明記し、その2つを直線で結び大体でいいので距離を記入します。

距離がわかりにくい場合は、「キョリ測」などのサイトを利用すると簡単に調べることが出来ます。

また、車の保管場所が住所より2km以上離れていると車庫証明が取得できませんので注意してください。

あわせて確認しておくと安心です。

 

②配置図

配置図は駐車場がどの位置にあるのかを示した図です。

配置図の記入に必要な項目は下記のとおりです。

  • 出入口の幅
  • 道路幅
  • 駐車場の位置
  • 駐車場の縦横幅

幅に関してはすべてメートルにて記入します。

【出入口】

道路と駐車場の出入口部分です。おおよそでいいので寸法を記載します。

【道路幅】

駐車場に隣接した道路とその幅を書き込みます。こちらもおおよその数字でOKです。

【駐車場の位置】

車を止める部分を分かり易くするため、赤ペンなどで囲み縦・横幅を記入します。

この駐車場のサイズが、申請車両より大きいことを確認しておきましょう。

申請する車両が、駐車場の枠から道路へはみ出てしまう場合、車庫証明は交付されませんので注意が必要です。

 

 

 

お気軽にお電話ください!