軽自動車の車庫証明

軽自動車の届出

軽自動車の車庫証明の手続きは、普通自動車とほとんど変わりません。

「保管場所証明書」ではなく、「保管場所保管場所届出」となります。

普通車と軽自動車では手続きの流れが違います。

下記の図を見てください。

出典:警視庁:保管手続きとは

 

普通車の場合は、前もって警察署へ「保管場所証明書」を申請し、発行された証明書を添付して陸運局で車の登録手続きをします。

一方、軽自動車の場合は、検査・登録完了後に駐車場がある管轄の警察署へ「保管場所届出」をすることになります。

 

軽自動車の届出が必要な場合

  • 軽自動車の新車及び中古車を購入した場合
  • 引っ越し等の理由により、使用の本拠の位置と保管場所を変更した場合(使用の本拠の位置を適用地域外から適用地域内に移し、かつ、保管場所の位置を変更したときを含む。)

 

大阪で軽自動車の届出が必要な地域

大阪では平成に入ってから、徐々に届出制適用地域が拡大されています。

大阪府下では現在29市が適用地域となっています。

法施行日適用地域
H3.7.1大阪市
H8.1.1豊中市、池田市、吹田市、高槻市、守口市、枚方市、茨木市、八尾市、松原市、大東市、箕面市、柏原市、門真市、摂津市、高石市、交野市、岸和田市、泉大津市、寝屋川市、羽曳野市、藤井寺市、東大阪市、四條畷市、堺市(美原区を除く)、大阪狭山市
H13.1.1富田林市、和泉市、河内長野市

※平成30年度時点での情報となります。

その他の地域が追加で適用になったり、合併等により市区町村の名称が変わる場合もあります。

 

お気軽にお電話ください!