軽自動車の届出の書き方

軽自動車の届出の書き方

軽自動車の届出の書き方は普通自動車の申請書の書き方とほぼ同じです。

参考:大阪府の車庫証明申請書の書き方


手書きの方はこちら(PDFバージョン)

 

パソコンで入力したい方はこちら(Excelバージョン)

 

記載例はこちら


では普通自動車の申請書と異なる部分を説明します。

※クリックで拡大します。

1.新規・変更部分

  • 軽自動車の新車を購入した時、もしくは未届の中古車を購入した時などは新規
  • 駐車場が変わった時や、届出済みの軽中古車を購入した時などは変更

あてはまる方へ〇印でチェックを入れます。

 

2.自動車の区分

軽自動車の届出なので、「軽」に〇印をします。

 

3.自動車の保管場所の位置

新規の届出の場合は、軽自動車の保管場所(駐車場)の住所を記入するだけです。

変更の届出の場合は、括弧内に変更前の保管場所を記入し、その上に今回新たな保管場所の住所を記入します。

 

4.保管場所標章番号

自動車の使用の本拠の位置が、旧自動車に係わる使用の本拠の位置と同一であり、かつ、届出に係わる場所が旧自動車の保管場所とされており、又は当該届出の日前15日以内に保管場所とされていたときは、保管場所標章番号欄に旧自動車に表示され又は当該届出の日前15日以内に表示されていた保管場所標章に係わる保管場所標章番号を記載して、所在図の添付を省略することができます。

わからない場合はそのまま未記入で大丈夫です。

お気軽にお電話ください!